MENU

薄毛と頭皮環境

遺伝や生活環境、男性ホルモンなどさまざまな原因のある薄毛ですが、抜け毛や髪の毛を細くしてしまう原因として頭皮環境の悪さも上げられます。
薄毛を招いてしまう頭皮環境は食事や生活習慣、ストレス、シャンプーの仕方に問題があるといわれています。脂質の多い食事をしていれば頭皮に皮脂がたくさん分泌され毛穴を詰めてしまいますし、生活習慣が不規則であれば髪の毛が育ち難く、ストレスが多ければこれも血管を収縮させてしまい髪の毛を育てるための栄養が運ばれにくくなります。シャンプーの仕方が悪ければ汚れを落とせず、頭皮の清潔を守れないということも考えられるのです。
このような原因での薄毛の予防には、頭皮を髪の毛の育てやすい環境にすることが大切です。
やり方としては頭皮へのダメージが少ない低刺激なシャンプーで髪の毛と頭皮の汚れをしっかり落とします。血行を良くするために頭皮マッサージも有効です。髪の毛はタオルドライをしたら、ドライヤーを当て冷風であてて髪の毛を冷やし、ブラシなどで整えます。
ストレスは適度に解消し、食事は皮脂を増やしてしまう脂質や糖質を控えて、海藻類や野菜を中心に食べることが良いとされています。また、睡眠をしっかり取ることも髪の毛を育てることには大切です。