MENU

シリコンとは

最近では薄毛にも良いと言われ、よく目にする機会のあるノンシリコンシャンプーですが、その成分をよく知らないという人も多いようです。シリコンは車のコーティング剤として利用されているのと同じもので、酸素とケイ素が結合したのち有機基が付いた有機化合物となっています。一般的なシャンプーには、この成分が普通に含まれていて、髪をコーティングすることで指の通りが良くなり、髪同士の摩擦が減ることでブラッシングが楽になるなどの効果があります。また、軟膏などにも使われているので、人体への影響はないと言われています。しかし、シャンプーでコーティングをするということは、頭皮までコーティングしてしまうので、薄毛に悩む人は、「毛穴まで塞いでしまうのでは」と気になる人もいるようです。この問いには大手シャンプーメーカーが対応しており、毛穴を詰まらせることはなく、薄毛にも影響はないと回答が出ています。実際にシリコンは髪に悪い影響は少なく、プラスになるものが多いのです。保湿性の油分があるので、髪がしっとりした仕上がりになるのと、コーティングすることによって髪をダメージから守り、切れ毛や枝毛から防いでくれます。頭皮には保湿が効くため、乾燥しやすい人には有り難い効果だと言えます。配合されているシャンプーと、配合されていないシャンプーでは、どちらが優れているというわけでもないので、自分に合ったものを選ぶことが大切になります。