MENU

薄毛と男性ホルモン

男性の薄毛の原因の一つに、男性ホルモンの影響があります。
これは男性らしい体を作る為に必要なホルモンですが、このホルモンは、ヘアサイクルの乱れを引き起こす働きもあります。
毛というのは、生えると、そのまま成長をし続けるのではなく、成長をするのは、成長期の間だけです。
成長期の期間、成長を続けたら、その後、抜け落ちるのを待つ退行期に入り、自然に毛穴から抜け落ち、そして次に生えてくる準備をする休止期に入り、また毛が生えてくると成長期になるという、サイクルを繰り返しています。
このサイクルが乱れると、髪の毛がしっかりと成長をする前に抜け落ち、また生えてくるという状態になります。
ヘアサイクルが乱れると、しっかりした毛が育たない状態になり、以前に比べて、細くて弱い毛に変わりやすい状態になってしまいます。
そして、全体的な薄毛へと変わっていく事になります。
ですから、髪の毛の悩みを改善したいと考えたら、男性ホルモンの働きを抑制する事が有効とされ、育毛剤でも、ホルモンに働きかけるタイプのものが注目を集めています。
この男性ホルモンは、日常的なストレスによって増える事も多い為、少しでも髪の毛に良い状態を作りたいと考えたら、日常のストレスを減らす事も有効です。